歯の矯正ドットコム

歯並びや噛み合わせが悪くなる原因

time 2017/10/03

今回は歯並びや噛み合わせが悪くなるメカニズムを述べてみます。

アゴの成長不足

食習慣の変化によって子どものアゴは昔の人と比べて大きく変わりました。あまり硬い食べ物を食べなくなったのであまり頑丈ではないし、小さくなってしまったのです。これが歯並びが悪くなった一番の原因です。

六歳ころから永久歯が生えだすのですが、その順番は人間の成長に必要な順番で生えてきます。最初に生えてくる奥歯である六歳臼歯は消化のために非常に重要な歯で、食べ物をしっかりかみ砕く役割を担っています。

アゴの成長が悪くて大きさが不十分、つまり奥行きがあまり広くないとこの六歳臼歯が真っすぐ生えることができません。これが影響して他の歯も少しずつずれて生えてしまいます。これはひどいとアゴの関節症にもなってしまうのです。

成長期

成長期にはさらにどんどん永久歯が生えてきます。そのとき隣の歯の根っこの部分から圧力を受けるのですが、一本横の歯が傾いていると生える歯も傾いてしまいます。そしてさらに次の歯が生えるときもその前の傾いた歯の圧力を受けて傾くという悪循環に陥ります。

つまり、前歯の歯並びが悪いのはもともと一番最初に生えた奥歯が原因なのです。レントゲンで見ると前歯が八重歯だったり、斜めに生えている人はほとんど奥歯が傾いています。

歯並びの悪さと噛み合わせ

歯は真っすぐ生えてくるのが普通ですが、斜めに生えてきたりしたらどうなるでしょうか。地球には重力があるので上下に真っすぐ噛むとき、もっとも力がかかります。歯並びが悪いと力がかかりにくく、硬いものが食べにくいのでますます柔らかいものを食べるようになり、ますますアゴが成長せず、歯の生えるスペースがなく、歯並びが悪くなってしまいます。

【食材宅配お試し比較】おすすめサービス15選!- SHOKUTAKU

down

コメントする